女性

ボトックスエラの効果を知ろう【自分の理想的な顔に変えられます】

センス良く小顔になるには

顔を触る人

治療先選びのポイント

大きな手術はせず「エラが張ったホームベース型の顔を何とかしたい」という場合に最適なのが、ボトックスを注射するプチ整形です。この整形治療は安全面も含め、施術を行うドクターの力量によって結果が大きく左右するため、できるだけ症例数が多いドクターを選んだ方が良いでしょう。また、顔の輪郭をデザインする施術でもありますから、自然な小顔へと導くドクターのデザイン力も不可欠になります。デザイン力に優れる美容外科医は、各患者のエラの状態から注入量などを見極め、フェイスラインを細やかに整えるセンスを持っているのです。これは経験を数多く積んだドクターにしかできない繊細な技能ですので、治療先のクリニックを決める時も判断基準の1つになっています。そして、大切な顔に薬を注入する治療のため、安全面をより重視する際は、アラガン社のボトックスを使う美容外科を選ぶのが基本です。クリニックによって料金に大きな開きが見られる場合もありますが、なかにはアフターフォローの費用も含んでいるため、他院より高額となっている場合があります。副作用の心配は比較的少ないとされているとはいえ、アフターフォローはあった方が安心ですから、クリニックは金額だけで選ばないようにしましょう。顔のエラが張る理由は主に2つあり、1つは骨の形状に由来する場合と、もう1つは骨の上に付いている咬筋という咀嚼筋が肥大している場合です。奥歯に力を込めて食いしばった時、その盛り上がりが多い人ほどボトックス治療が効果を発揮してくれるため、治療を受けるかどうかお考えなら、参考にしてみてください。また、この治療で小顔になる根幹は、ボトックスの薬効で咬筋の機能を下げ、咀嚼や歯ぎしりで使えなくする点にあります。使用しなければ筋肉は次第に細くなりますから、少しずつエラの張り出しが減り、小顔になるという原理です。咬筋の働きが弱まれば食事が不便になるのでは、と考えるかもしれませんが、咬筋自体は咀嚼のサポート的な位置付けですので、著しい障害はないとされています。そして、施術後はおよそ1か月掛けて咬筋が細くなり、小顔効果が出てくるのが一般的です。効果は概ね半年程度続きますが、それを過ぎれば元の状態に近付いていきます。そこで長期的なエラ抑えをご希望の方は、半年から1年間隔で、治療を数回続けられる場合が多くなっているのです。これで小顔効果の継続期間が延び、注入量も少量で効き目が望めるようになります。そのため長期的な小顔効果をお望みなら、複数回の治療を前提に、予算を見ておくと良いでしょう。