女性

ボトックスエラの効果を知ろう【自分の理想的な顔に変えられます】

スッキリとした小顔に

注射

施術はたったの5分

ボトックスとはボツリヌス菌という神経毒を筋肉に注射し、麻痺を起こさせる治療です。よく耳にするのは目尻やおでこのシワ取りですが、これは筋肉の動きを鈍らせることでシワを改善していく治療法です。またあまり知られていませんが、エラに注射することで小顔効果を得る治療方法も最近では話題になっています。エラには咬む時に使われる咬筋という筋肉があります。この咬筋をボツリヌス菌により弱らせ細くすることで、エラ張りを改善していきます。3?4週間ほどで徐々に効果が現れ始め、だんだんとスッキリとした顔になっていくので違和感がありません。ダイエットをしたかのように顔の輪郭をシャープにしたい方にもお勧めです。ボトックス治療で注意すべき点は、しっかりとした信頼の置ける医師を選ぶことです。もし咬筋の位置を間違えて、他の筋肉に注射してしまった場合、?がこけたり、食事時に噛みづらくなってしまったりします。こういった症状は、一度注射をすると半年は治りませんので注意が必要です。よく聞かれる副作用には、注射による内出血があります。これは一時的なものですので数日ほどで消えていきます。また稀にではありますが、頭痛や吐き気を催す方もいます。これらの症状が出たらすぐに医師に相談してください。ボトックス治療ではカウンセリングがとても重要です。まず治療を受けられる体質かどうかを確認してください。喘息の方、妊婦、授乳中の方、タンパク質アレルギーの方、以前に筋肉注射で問題のあった方はボトックス治療を受けることができませんので注意が必要です。また小顔にしたいからといってすぐにエラにボトックスを注射するかというとそうではありません。しっかりと見極めて治療に当たらないと全く小顔が実感できないこともあります。そもそもエラ張りによる顔の大きさで悩む方には、3つのパターンがあります。1つ目は咬筋が発達したタイプ、2つ目は骨格そのものが大きいタイプ、そして3つ目は脂肪が多いタイプです。ボトックス治療が効くのはもちろん1つ目のタイプのみです。他の2つはエラ削りや脂肪吸引といった違う施術になりますので医師とよくカウンセリングを行ってください。またそれを見極める医師であることも求められます。エラへの注射は咬筋に3?5箇所行うだけですので、早くて5分ほどで終わります。通常、半年から一年後に2回目の注射を行い全部で3回程度繰り返すと効果がより得られるようです。1回で満足される方もいますので、カウンセリングで相談をしながら症状をみていきましょう。